断食ダイエットのメリット デメリット

断食の様々なメリット

痩せている方、太っている方に関わらず、恐らくほとんどの方が1日1食以上は食事をとるのではないかと思います。中には、毎日のようにお腹いっぱい食べるという方もいらっしゃるでしょうし、毎晩お酒を飲むという方もいらっしゃるでしょう。年齢や性別、身体の大きさに関わらず、食べすぎや飲みすぎは体に毒です。
 
その中でも特に、20代後半から30代以降の方の中には、若いころのように健康的な体を維持できなくて悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?胃腸を常に働かせている状態が続くと、当然疲れがたまります。そして、それは胃腸だけではなく全身の疲労へとつながっていくのです。
 
固形物の摂取を控える断食を数日行うことによって、内臓をしっかりと休ませることが可能となります。内臓を休ませることができれば、体内の臓器が今以上に活発に動くようになります。食べていた方が胃腸が動くと感じる方も多いですが、一度しっかりと休ませることで胃腸をはじめとする臓器が健康になるのです。
 
胃腸の健康は、身体全体の健康につながっています。そのため、断食をして胃腸を休ませることによって、身体に様々なメリットを与えることが可能となります。それでは、具体的にどのようなメリットを感じることができるのでしょうか?ここでは、代表的なメリットをいくつか紹介させていただきます。
 
まずは、先ほども少し述べたように、体内が活発に動くようになります。内臓を一度休ませることによって、今まで以上に活発に働いてくれるようになります。そうなると、代謝機能もアップすることになりますので、健康を維持できるようになるのです。
 
代謝機能が上がると、ダイエットにも大きな効果を発揮します。例えば冷え性の方などは体が冷たく代謝が悪いため、運動をしてもなかなか体脂肪が燃えてくれません。しかし代謝機能が向上すれば、普通に生活しているだけでも脂肪燃焼効果が期待できます。つまり、断食が痩せやすい体を作ってくれるということです。
 
それから、単純に体重を落とすことが可能です。例えプチ断食だったとしても、普段の量よりも食べる量が少なくなりますので、物理的に体重が減少するのです。もちろん断食明けの回復食に気を付ける必要がありますが、少なくとも断食中は断食前よりも体が軽くなったと感じるのではないかと思います。
 
それと同時に、断食を継続することによって、徐々に胃が小さくなっていきます。最初の断食明けは、空腹を感じる一方でなかなか食べられないと思うのではないかと思います。それは、断食によって胃が小さくなっているので、それまで食べていた量よりも食べられる量が少なくなるためです。
 
胃が小さくなれば、食べすぎたとしてもそれまでの食べすぎより少量で済みますし、間食をしたいという気持ちも少なくなるため、結果的に断食が食べすぎを防止することにつながります。今まで食べていた量にびっくりするだけではなく、今後の食生活について考え直すようになるのではないでしょうか?
 
そして、特に女性の方にうれしいのが、肌がきれいになるというメリットになるのではないかと思います。食が体を作ると言われることもありますが、数日間の断食によってデトックス効果を期待することができるのです。もちろん固形物以外なら体に入れることができますので、水はどれだけとっても問題ありません。
 
水分をたくさん取ることによって便秘を解消することができますし、身体の毒素が抜けることによって肌の調子が良くなるのです。また、先ほども述べた内臓の活性化も、肌のトラブル予防に一役買っています。肌荒れで悩んでいらっしゃる方は、様々なクリームを試す前に断食を行ってみるのも悪くないのではないでしょうか?
 
このように、断食には様々なメリットがあります。実際に断食を行うことによって、このほかのメリットを感じることもできるのではないかと思います。しかし、しっかりと知識を付けてから行わないとデメリットが発生する可能性もありますので、まずは断食の知識を付けたうえで上手に断食するようにしましょう。



ダイエット合宿・断食道場(施設・ホテル)|リフレッシュの森