断食ダイエットのメリット デメリット

断食ダイエットのデメリット

2016年07月05日 08時59分

断食には様々なメリットがありますし、実際に断食をしてみてそれを実感することができた、という方もいらっしゃるのではないかと思います。しかし反対に、断食をすることで何かしらのデメリットを感じたという方がいらっしゃるのも事実です。ここでは、断食のデメリットについて紹介させていただきます。
 
結論から言うと、正しい断食をするのであれば基本的にはデメリットはないといえるのではないかと思います。しかし、その正しい断食の方法を知るのがなかなか難しいという方も少なくありません。実際に、適当に断食を始めてみて失敗してしまい、その後断食をやめてしまったという方もたくさんいらっしゃいます。
 
断食は、単純に食事を抜くだけですので簡単だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、今までの人生の中で、いつもは食べている1食を抜いたことがあるという方は多いはずです。しかし、その時は食事を抜く代わりに間食をしてお腹を満たしていたりしていなかったでしょうか?
 
また、断食はできたとしても、そのあとの食事によってせっかくの断食の効果を失うどころか、逆効果になってしまうこともあります。これこそが知識を持たずに断食を行う方のデメリットといえるでしょう。お腹が空いているからと言って炭水化物をがっつりと食べてしまうと、身体に大きな負担がかかりますし、せっかく休まった胃腸がびっくりしてしまいます。
 
このように、知識がなければせっかくの断食も逆効果になってしまうのです。それでは、正しい断食を知るにはどうしたらよいのでしょうか?断食を紹介しているウェブサイトや本はたくさんありますが、最も確実なのは実際に正しい断食を体験することなのではないかと思います。具体的には、専門家が一緒に断食を行うツアーなどに参加してみるのが良いのではないでしょうか?
 
一度ツアーに参加してみれば、断食というものがどのようなものなのかを体感することができますので、自宅で一人でもできるようになるのではないかと思います。1週間などの長いコースもありますが、週末の1泊2日や2泊3日のコースもありますので、興味のある方は一度参加してみるとよいのではないかと思います。
 
一度本格的な断食を体感してしまえば、あとは毎週末に自宅で1日の断食、または月に1度の3日間の断食などなど、ご自身で好きな断食スタイルを作り出して自由に断食をすることができるようになります。
 
断食のツアーに参加して身に付けた知識を、ご自身の自宅での断食に生かすことができますし、断食中の過ごし方や断食後の食事、生活スタイルなども同じように実行することができるのではないかと思います。毎日のように断食を行うのは難しいかと思いますが、週末などにじっくりと断食と向き合うことならできるのではないでしょうか?
 
知識のない断食にはデメリットも多く付きまといますが、逆に言えば知識を付けて断食を行うのであればデメリットは基本的にはないのではないかと思います。もちろん、人によっては体調を崩してしまったり、体調の悪いときに断食を行うことでさらに体調が悪化するということも考えられるのではないかと思います。
 
そのため、断食は無理なく自分のペースで行うことが必要になってきます。ご自身で体調をしっかり管理したうえで、万全の体勢で断食に臨むようにしましょう。知識を付けた断食であれば、デメリットではなくたくさんのメリットを感じることができるのではないかと思います。